スロットリトルラウンド 叛逆の物語

富山高等専門学校

商船学科/2年

齊藤美海(さいとう みう)さん

外航船員の魅力について話す齊藤さん

  • Q1.商船系高専に入学しようと決めた理由は?

    母の実家が佐渡島で毎年船に乗って帰省していたので、興味を持ちました。また、父がエンジニアなので、機械にも興味がありました。その両方を兼ね備えた機関士になりたくて、商船学科に入りたいと思いました。あと、自分の名前に海が入っているので、海が好きなんです。

  • Q2.学校の勉強や部活、生活はいかがですか?

    自分が知りたかった船の専門的なことを学べるのがとにかく楽しいです。先生は優しいですし、実習を通して友達と仲良くなれます。部活は写真部に入っています。毎日の活動ではなくて、自分が好きな時に撮影をして楽しく過ごしています。

  • Q3.最初の乗船実習前に不安や期待はありましたか?

    最初は船酔いが心配でしたし、先生も厳しそうで不安だらけでした。でも、私は機関士を目指していたので、機関室に入れることがすごく楽しみで、その期待が不安を上回っていました。

  • Q4.乗船実習の感想を教えてください。

    憧れの機関室に入った時、なかなか見られない大きな機械をたくさん見ることができて、本当に感動しました。この学校に入ってよかったと思えた瞬間でした。実習は回を重ねる毎に実践的になっていくので、不安も増しますが、それでも楽しみです。

  • Q5.外航船員を目指そうと思ったきっかけは何ですか?

    中学生の時から海外に行きたいと思っていたので、外航船員の仕事を知った時に、これだと思いました。そして、もっと視野を広げて、いろいろな人と接してみたいという気持ちが強まりました。語学も大切なので、学校では英語、家では中国語も勉強しています。

  • Q6.これから商船系高専への入学を考えている方へ一言。

    好きなことを学べるのはとにかく楽しいです。また、クラスの1/3程が富山県外出身の学生なので、色々な方言や考え方に触れることができ、友達からも多くのことを学びます。普通科では体験できないことができるので、ぜひ来てください。

エンジンの運転状態を点検している様子

若潮丸

若潮丸の船首甲板にて実習を行っている様子

富山高等専門学校

本校は商船学科をはじめ工業系、人文社会系の学科があり、数理・データサイエンス・AI教育や国際交流に力を入れています。商船学科がある射水キャンパスは、男女比が約1対1と全国的にも珍しい高専です。講義のほか練習船での実習を多く行い、海事技術者に必要なスキルを身に付けます。また、英語教育や資格取得のサポートにも力を注いでいます。部活動は運動系、文科系ともに多くあるほか、高専祭や音楽祭、球技大会など様々な学校行事を学生会が主体となり実施しています。本校には、同じ志を持つ学生たちが日本各地から入学します。海事技術者の可能性を広げるような学びと出会いが必ずありますので、海や船に関心を持つ方は、ぜひ本校の門を叩いてください。

  • 〒933-0293 富山県射水市海老江練合1-2
  • 電話番号/窓口担当 0766-86-5100(代表)/総務課
  • 学校のホームページURL